スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷し中華始めました、自宅で。

 今年度に入って約一ヶ月経過。このブログもどーしようかと思っていたけど、特に決めないでおそらく放置したり思いついては書いたりするだろう。とりあえず忘れないようにこの一ヶ月の内容を書こうかなとGWの最終日。

 4/24にユズリハ(横浜の友人がやってるカフェ)のイベントにtaneで参加。

IMG_0602.jpg

IMG_0599.jpg


でその次の週にユータくんの個展のオープニングパーティーに呼んでいただく。


IMG_0654.jpg


 友達と、後輩数人が来てくれまして、友人には初めてtane見てもらったけど、かなーり建設的な意見を頂きましてありがたかった。

 そんな感じかなー。久しぶりに普通の飲み会が多かった月であったが、結構電車内でを読んだり、平日早く帰れたときは映画を見たりした。以下、覚書程度に。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




太陽 [DVD]太陽 [DVD]
(2007/03/23)
イッセー尾形ロバート・ドーソン

商品詳細を見る



 友人に勧めてもらって。昭和天皇の敗戦直前を描いた映画。監督はじめスタッフはロシア人でロシア映画らしい。「この状況と言い出てくる登場人物ひとりひとりといい狂ってる・・・」て感じの感想をいだき、その後、昭和天皇や太平洋戦争に関してWikipediaで調べてみたら、それぞれのページがものすごい分量で、中学くらいまでの歴史知識しかない自分には知らないことばかりであった。興味深い。昭和天皇のキャラクターとか歴史背景とかを知った今m、かなり興味わいたので、その辺のを一冊くらい読んでから是非もう一度見たい。ラストシーンはかなり凄い。


BROTHER [DVD]BROTHER [DVD]
(2007/10/26)
ビートたけしオマー・エプス

商品詳細を見る



 2回目。昔見てあんまり覚えてなかったので。リアリティが全然ないので重みがないけど、エンターテイメントとしてはかなり楽しめる。渋くはないけどカッコいいみたいな感じ。北野武はそうとうロマンチストで自分は結構好き。


シークレット・サンシャイン [DVD]シークレット・サンシャイン [DVD]
(2009/01/01)
チョン・ドヨンソン・ガンホ

商品詳細を見る



 ライムスター宇多丸の2008年ベスト映画だというので期待して見た。確かにすげー映画だ。上記映画とは違って、韓国を舞台にしているとはいえ感覚的にも映像的にも日と近くて自分にとってリアリティがある、というのも大きいけど、かなり重い。主人公の演技が物凄い。大げさじゃない多面性ぶりが日常に生きる我々の実際に遭遇するそれと一致。そして同しようもない事態に陥った時に冷静にはなれず、何かに縋ろうとする。そのすがるものとして宗教は成立しうるのか。逆に神に対する恨みをモチベーションに生きることは出来るのか。最後のシーンは捉え様は色々あるだろうけど自分は救いを感じた。けどそういったメッセージがおどろおどろしくなく、かつペラい感じでもなく描かれていて、映画だからこそできる巧みな画面構成や役者の演技でそれを伝えていて、とても素晴らしい映画だと思います。まぁこの映画で描かれているキリスト教が、韓国人にとってどれだけリアリティのある描かれ方をしているのかは不明だが、日人であり無宗教である自分だから、違う立場の人の感想なども聞いてみたい。という訳でオススメです!(宇多丸風)


ラブドガン [DVD]ラブドガン [DVD]
(2006/07/19)
永瀬正敏宮崎あおい

商品詳細を見る



 Dahlが音楽担当していて、そのPVにこの映画のハイライト映像が使われていてかなりかっこよかったので、期待して借りたら、〇〇な映画だった(とても悪い意味で)。おすすめはしません。DahlのShe didn't want to drink anything with spangle in のPVはyoutubeで見れます、かっこいいです。

 ここからは電車で読んだ。今まであまりを読まないダメ学生だったのだが、電車の時間は本を読むのが一番読書がノンストレスであると考えた俺は、親父からお薦めを貰ったり、なんとなく話題の一冊、みたいな感じの奴を買ってきて読んだ訳である。


日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
(2009/11)
内田 樹

商品詳細を見る



 とても面白い。今手元にないのでかなりざっくり覚えている感じで書くと、日本人が、自らのことを「極東の小さな島国」なんて認識するほど卑屈で、自らの国家や民族に対してアメリカの様にストーリーを持たず、流されやすく飽きやすいのは何も、あの敗戦に始まったことではないと。太鼓の昔からそれは中華思想における辺境に位置する我々がずっと低層にいだいている感覚であると。それが故長短はあるが、「だから我々はこれからこうしなければならない!」とかじゃなくて、自分の性質を自認していた方が心地いいですよね、という本であった。非常に腹から納得の行く内容だった、幼い頃から感じていた居心地の悪さを言語化して整理整頓してくれたような。この本で書かれている本は歴史やら経済やら音楽やら今街で目にする看板まですべての事に繋がってる事だ。そんな訳で、日本人のこの感じに居心地の悪さを覚えている方、オススメです。ソッコー読めます。


お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る


会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
(2009/03/17)
勝間和代

商品詳細を見る

 

 上の方は特に読んでよかった。


年収防衛―大恐慌時代に「自分防衛力」をつける (角川SSC新書)年収防衛―大恐慌時代に「自分防衛力」をつける (角川SSC新書)
(2008/11)
森永 卓郎

商品詳細を見る


 友人がモリタク面白いよと言っていたので。TV出てるそのままの饒舌さで30分で読み終えてしまった。まぁ30分テレビ見るよりはコストパフォーマンス高いんじゃないでしょうか。(30分の時間もコストに入れると)


経営戦略を問いなおす (ちくま新書)経営戦略を問いなおす (ちくま新書)
(2006/09)
三品 和広

商品詳細を見る



 ほーほーなるほどー。といった感じ。内容多いまじめ系な本なので要約は割愛。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 なんか振り返ってみると意外と見たもの読んだもの多くて最後の方になるにつれ適当になってしまった。が、しかし1ヶ月に一度くらい見たもの、読んだもの、聴いたものをここで振り返るのもいいかもしれない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 ここで告知。画家というバンドで久々ライブします。芸人とかくるんすか!?みたいな意味のわからんイベントらしいです。


【東京サミット】
・2010年6月5日(土)
16:00~21:30
・新宿ロフト
・ADV:\3500/DOOR:4000
[出演者]
〈MAIN FLOOR〉
音楽LIVE‐
・MASH
http://mash-hour.com/

・UHURU
http://ameblo.jp/c-uhuru/

・鎌田ひかり
http://ameblo.jp/hikarin-dayooo/

画家
http://gakainfo.web.fc2.com/

‐芸人LIVE‐
・響
・クールポコ
・江戸むらさき
・タイムマシーン3号
・松岡シュウゾウ
・キャン×キャン
・ハマカーン
・流れ星
・牧野ステテコ
・磁石
・ヒカリゴケ


〈SUBFLOOR〉
・SARATOGA
http://www.myspace.com/tribaltranceofsaratoga

・Wood Solid Dance Jam
http://www.myspace.com/woodsoliddancejam

・Blindead Circus
http://www.blindead.jp/top.html

・Ama-rich
http://www.myspace.com/1001419176

・SUN
http://gunshyweb.com/index.html

・PARANOID RHYTHM SECTION
http://www5f.biglobe.ne.jp/~P-R-S/

・CHIKAKO

HOST:サミットクラブ
主催:東京サミット実行委員会
企画:サミットクラブ
制作:VAstudio/FUTURE FOUNDATIONS
協力:SHIBUYA DESEO
協賛:Various Entertainment

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
 その次の週にもう一本。対バンどれもカッコいいらしいです。

■スペシャ列伝 10th Anniversary × クラブサーモンスペースシャワー列伝 ~第八十一巻 鮭団(サーモン)の宴~
■出演者 
・12日(土) MC:ナオト・インティライミ/ネルソン・バビンコイ
ふくろうず/世界の終わり/99RadioService/画家/and more!!
・13日(日)MC:ナオト・インティライミ/ネルソン・バビンコイ
OKAMOTO’S/[Champagne]/アルカラ/0.8秒と衝撃。/and more!! 

■公演日 2010年6月12日(土) 13日(日)
■会場 Shibuya O-nest
■開場/開演 17:00/18:00
■前売:オールスタンディング¥2,500(税込・ドリンク代別)
■先行予約
・2/20(土)~2/28(日)超早列伝HP先行予約
・3/18(水)18:00~3/28(日)21:00まで、列伝HP先行予約 ※イープラス
・3/18(水)18:00~3/28(日)21:00まで、クラブサーモンHP・番組先行予約 ※ぴあ
・3/18(水)18:00~3/28(日)21:00まで、スペシャケータイSNS”mob”先行予約 
・3/29(月)~SSTV内番組先行
・3/29(月)~各プレイガイド先行
■PG発売   2010年4月10日(土)
■取扱いPG 
・チケットぴあ   0570-02-9999 (Pコード:101-045)
・ローソンチケット 0570-08-4003 (Lコード:72808)
・イープラス    http://eplus.jp
■主催・企画・制作 スペースシャワーTV
■運営 ディスクガレージ
■協力 ぴあ
■問い合わせ  ディスクガレージ 03-5436-9600 Weekday 12:00→19:00
NEWS


 あーGW終わった。いい連休でございました。
 

コメントの投稿

非公開コメント

江戸むらさき流れ星好きだったなー!
行きてー!!
日本辺境論気になるね
プロフィール

rt258593

Author:rt258593
2つの場所でギター弾いてます。長野生まれ長野育ち、18歳から上京し、2011年ジャカルタ、インドネシア生活を経て2012年現在東京在中。

tane
tane myspace
ギターとトラックと映像、リアルタイムサンプリングとそのエフェクトとループによる曲構築。

画家
画家web

各国の民族楽器(三味線、ピン、ドゥンドゥン、ジャンベ、ウィンドチャイム、ボンゴ、ティンバレス、コンガ、銅鑼、カホン、ディジュリドゥ他)と5種の管楽器、そして、ギターやベース、キーボードやドラム、更にスタイロフォンやテルミンといった電子楽器、床やタライやバケツといった音の出る器、果てはヒューマンビートボクサーすらも内包した、純然たる無国籍無秩序音響派楽団。腹には一物、胸には野望を秘めた連中が、イイ匂いのする仲間を募り、募られた仲間はまた仲間を募り、募り積もって、公園で音を鳴らし始めたところに、端を発す。性別、年齢、職業、国籍、趣味嗜好、及び楽器の経験や所持は問わず、あまりお互いのことを知らないままに、同世代の気のイイ輩が集結。演奏の技術よりも、音を鳴らすことを楽しむことを優先し、メンバーや担当楽器は流動的。

最新記事
最新コメント
タグ
 

日常 音楽 鑑賞 演奏 デザイン tane web PC 画家 哲学 mac ライブ クラブ 映画  映像  漫画 DJ アート  

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
為替レート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。