スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年を振り返る。

1月

大晦日に画家の曲のデモ作成会議と作業を終えて、買いたてのモッズコートを着こみ真冬のフランスへ。パリ/ブルゴーニュ(ボーヌ)/アルザス。一週間以上の完全一人旅は初めて。後半感じる寂しさも一人旅ならでは。





































あらゆる場所に花束が…… by 中原昌也
知的生き方教室 by 中原昌也
ツイッターで学んだいちばん大切なこと
男のパスタ道


そして新しい仕事が開始。ノートの最初のページを必要以上に丁寧な文字で書き始めるがごとき緊張と高揚。画家セカンド・アルバム仕切り直し会議。




2月

仕事でキリキリ舞い。2014年末に出会った先生のギターレッスンを開始。人からギターを教えてもらう初めての経験。Begin Again(はじまりのうた)を劇場でも観る。香港行きの飛行機で先行上映してたのを観てたから2回目。開始5分から涙が溢れてとまらん。

月末には大きな決断。死ぬ時の走馬灯で思い出すくらいのレベルの苦めの奴。

3月

相当重めの一ヶ月だったのに記憶が薄い。現実との直面を潜在的に避けたためか。しかし人生の起伏それすなわちエモさ。渋谷ASIAで画家ライブ。

4月

引っ越し。多摩川~田園調布に桜が咲き散りまくる泣けるほど綺麗な日だった。










引越し後早々、久しぶりに体を壊し、身体を引きずって病院へ。これをきっかけに禁煙開始。

渋谷で見たdownyのライブが壮絶すぎて会場が凍っていた記憶有り。



映画「ペルシャ猫を誰も知らない」
Khmer Jazz Fusion - Recordings merging Cambodian musical instruments and forms with Western Jazz.
星野源 - 蘇る変態
映画「Birdman」
映画「Gone Girl」

5月

15wのアンプを購入。チームラボ展、お台場でColemanのライブ、Squarepusherの来日公演、ジョンスコ先生uberjam band公演。ジョンスコ先生のライブはかなり記憶に残るヤバさ。ジョンスコ先生はもちろんバンドメンバー全員強者。















生活リズムや環境の変更に伴い月の後半は軽度自家中毒が始まり、画策の日々。ギターの練習。それにしても「自家中毒」という言葉を発明した人の言語感覚は凄い。多分本来の意味じゃなく勝手に使ってるだけなんだけどジャストフィット感。

映画「タケオ」
菊地成孔 - 南米のエリザベス・テイラー
映画「Midnight In Paris」
John scofied - uberjam

6月

ロンボク島に遊びに。とても変わった忘れられない旅になる。

















映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」
映画「YSL」
Ceu - Ceu

自家中毒からの脱却のためにいろんな人とあったりいろんな場所に行くという時期。しかしそれはあくまで対処療法に過ぎない。



7月

Nir Felder公演、はじめての新宿ピットイン。

自家中毒が悪化、その結果、対外症状に向かいかける。キツめの日々。

DCPRG公演、始めての新宿BRAZE。興奮して笑ってしまう感じの、一瞬の浄化作用のある素晴らしいライブ。



Apple Musicを開始。完全なる文明開化。功罪はあれどもう鎖国時代にはもどれない。

Mehliana - Taming the Dragon
Tristeza / Poema / Canto / Images On Guitar by
Hear You by Toe
Bad Vibes by Shlohmo
Peace Beyond Passion by Meshell Ndegeocello
Report from Iron Mountain by Date Course Pentagon Royal Garde
Myron & the Works (feat. Meshell Ndegeocello & Robert Glasper) by Myron
Comfort Woman by Meshell Ndegeocello
Being Human Being by Erik Truffaz & Murcof
Tempo de Amor by Herbie Hancock

8月

仕事でちょっと大変なことがあり、自家中毒、より重めに。

映画「6歳の僕が大人になるまで」
映画「Shame」
Cure Jazz by UA 菊地成孔
スペインの宇宙食 by 菊地成孔

千葉県のキャンプ場一番星ヴィレッジで画家ライブ。

9月

癒やしの為に本格的に日記を開始する。毎日長い文章を書きなぐることで新しいはじまりのきっかを多少つかむ。

映画「Cu-bop」

中南米音楽など聴かずにそだった自分が、ここ一年間くらいでアフリカ起源の中南米の音楽に興味が出てきた所であり、ジャズも習ったり鑑賞するようになってきた所の、ジャストのタイミングで出会えた映画。民家の家族の宴会でドープなキューバンポリリズムがガンガン飛び出してきた瞬間はビビった。

画家のメンバーのうち自分も入れて4人でCafe de Gaka という名前でアコースティック編曲を始めたりする。鉄琴も入手。



Gladwell by Julian Lage Group
Don't Care Who Knows That by Ovall
Better Days by Joe Pass
Head Hunters by Harbie Hancock
La Mouche by Erik Truffaz & Sly Johnson
Where the light is by John Mayer

10月

北鎌倉、浄智寺というお寺での音楽イベントでライブをさせていただく。その前後で何かが変わったような感じで滅茶苦茶記憶に残る場面。素敵なお寺だった。








初めてのジャズセッション。ラメゾンダミでの食事。少しずつ自家中毒の回復傾向が見られる。こうして書き出してみると外的変化と内的変化がどんだけリンクしているのかがよく分かる。



Born and Raised by John Mayer
If the Rains Come First by Somi
新しいジャズの可能性を追う旅 by Harbie Hancock
ユングのサウンドトラック by 菊地成孔
映画「ブエナビスタソシアルクラブ」
憂鬱たち by 金原ひとみ

11月

2回目のDCPRG。人生初のFrench Connection試奏。






映画「JUNUN」
We Like It Here by Snarky Puppy
Jazz the new chapter
レクイエムの名手 by 菊地成孔

12月

神保町試聴室でCafe de Gaka 初ライブ。とても楽しゅうございました。





色々な所にお出かけ。2017年の雰囲気が見えてくる。












Yellow Dancer by 星野源
Blast公論
狂い」の構造 by 平山夢明 春日武彦
自殺 by 末井昭
HOSONO百景 by 細野晴臣

総括

2016年も引き続きやって行く所存。何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします!!
スポンサーサイト
プロフィール

rt258593

Author:rt258593
2つの場所でギター弾いてます。長野生まれ長野育ち、18歳から上京し、2011年ジャカルタ、インドネシア生活を経て2012年現在東京在中。

tane
tane myspace
ギターとトラックと映像、リアルタイムサンプリングとそのエフェクトとループによる曲構築。

画家
画家web

各国の民族楽器(三味線、ピン、ドゥンドゥン、ジャンベ、ウィンドチャイム、ボンゴ、ティンバレス、コンガ、銅鑼、カホン、ディジュリドゥ他)と5種の管楽器、そして、ギターやベース、キーボードやドラム、更にスタイロフォンやテルミンといった電子楽器、床やタライやバケツといった音の出る器、果てはヒューマンビートボクサーすらも内包した、純然たる無国籍無秩序音響派楽団。腹には一物、胸には野望を秘めた連中が、イイ匂いのする仲間を募り、募られた仲間はまた仲間を募り、募り積もって、公園で音を鳴らし始めたところに、端を発す。性別、年齢、職業、国籍、趣味嗜好、及び楽器の経験や所持は問わず、あまりお互いのことを知らないままに、同世代の気のイイ輩が集結。演奏の技術よりも、音を鳴らすことを楽しむことを優先し、メンバーや担当楽器は流動的。

最新記事
最新コメント
タグ
 

日常 音楽 鑑賞 演奏 デザイン tane web PC 画家 哲学 mac ライブ クラブ 映画  映像  漫画 DJ アート  

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
為替レート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。