スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレクトリックギター

わたくし、画家と言うバンドでギターを弾いておるのですが、先日、吉祥寺にあるキチムと言うカフェで、セミアコースティックのライブをさせていただきました。そのライブと言うのは、カリヴァストロ楽団と言う楽団の、レコ発のイベントにお誘い頂いて、言わば二組の共演だった訳です。

カリヴァストロ楽団、めっちゃ素敵でした。場の空気含め凄い素敵なイベントでした。ご存知ない方、是非聴いてみてください。 https://soundcloud.com/karivastro-orch

画家も結構良いライブができたんじゃないかなと思います。

その時の画家のライブで、もう一人のギタリストである杉本さんのフェンダーテレキャスターをお借りして演奏いたしました(彼はエレアコを演奏)。そのライブの時に自分が出せた音が、良かった。今まで感じた事のないしっくり感を感じました。それ以来の僕ときたら、テレキャスターを手に入れるべきなのではないか、と言う想念にとりつかれてしまっています。人妻に惚れる与太郎の心地です。今までテレキャスを手にすることなんて全く考えてなかったのに!

急にではありますが今までの僕を振り返ります。

画家を初めて一年後くらい、多分今から5年前くらいに、ジャズマスターと言うギターと、HAOのrumble modと言うオーバードライブエフェクターを購入しました。見た目と、あるギタリストが出す太いちょっと荒々しいジャズマスターの音に惹かれての事だったかと思います。

そんなこんなでそのギターを手元に、音楽聴いたり、バンドやったりすんのが好きで続けてきていたのですが、まわりのギタリストと比べて、全くというほどギターそのものに拘りとか愛情とか感じることができなくて、それが地味にしかし、案外しぶとくコンプレックスだったように思います。

しかし特に音色の事はよくわからんし、みんなが「抜けがいい」とか「中高音域」がどうとか、わかる様なわかんない様なだし、楽器屋で試奏してもこれが良いのか悪いのかもよーわからんし、どれ弾いてもまぁこんな感じじゃないっすかねって感じだし、あんま工夫する気にも調べる気にもならず。

しかし最近、ここ半年くらい、凄く興味があります、ギターと言う楽器とその音に。今更かい!という自己ツッコミのその反面、ギターそのものを好きになれて来ている事が嬉しい。音色にもこだわったりするのが楽しく なって来ました。「比較と経験」によってほんの少しだけ自分の好きな音や、出したい音のイメージがわかって来た様な気がしています。これは幼馴染みであり友人である、時は ムーブメンツのギタリストの存在がデカい。最近は彼と「歪最高会議」と題して様々な歪みエフェクターを持ち寄ってはしゃいでたりしております。

そんな折の、例のキチムでのテレキャス事件でした。ちなみにこんな可愛らしいアンプリファイアーをお借りして、足元は基本的にいつも使っているHAOのRumble Modを踏みっぱなしにしておりました。




テレキャスていうと一般にやっぱりジャキジャキ、悪く言うとペケペケな音のイメージが強いです。僕はもともと細いとか鋭い音は、その音楽性とマッチした時のかっこ良さはわかりますが、自分が出したいかと言われるとそうでもなくて、丸くてしかし軽い音がいいなと。テレキャスのピックアップセンターにして、ちょいボリュームかトーン絞って「丸いんだけど軽い音」が出せた気がしました。自分が最近良く弾くフレーズとか手癖とかで、2〜3和音ハイボジでオカズ的に入れたりするんですが、そんな時和音の構成音が一個一個粒だってて綺麗に聞こえるテレキャスターは、イイんじゃないだろうか、とか。あと、最近好きな音楽的傾向の変化もあり、素敵なカッティング出来る人になりたいなーと言う気持ちとか。これも「ジャキジャキ」ではなく、粘りを感じつつも歯切れの良い奴。例えばThe Fishmansの8月の現状に収録されている、Seasonライブ盤のアウトロのカッティング。今は全然出来ないんですけど。あぁいう事ができるようになりたいし、テレキャスって合ってそうだよな、とか。とかとか。冒頭で申し上げた想念の中身はそういった内容になっております。

まあまだ新しいギターを手に入れるかはわかりませんが、こんな風にギター談義みたいな事を、友人らと楽しんでいる最近の自分にクリビツって奴です。

しかし結局のところ、ギターオタクになりたいわけでもギターヒーローに憧れてるわけでもない。さり気なくそこはかとなく素敵な音楽ができるようになりたい。そうじゃないのにギターや機材のウンチクを垂れるオジサンにならないようには気をつけないとね。

なんだか長く書いてしまいましたが、或る僕の好きなギタリストがこんな事を文章に書いてて、僕も「やっぱそうっすよね!」と思いました。

俺ももっと愛したいんだよ、ミュージックを。

スポンサーサイト
プロフィール

rt258593

Author:rt258593
2つの場所でギター弾いてます。長野生まれ長野育ち、18歳から上京し、2011年ジャカルタ、インドネシア生活を経て2012年現在東京在中。

tane
tane myspace
ギターとトラックと映像、リアルタイムサンプリングとそのエフェクトとループによる曲構築。

画家
画家web

各国の民族楽器(三味線、ピン、ドゥンドゥン、ジャンベ、ウィンドチャイム、ボンゴ、ティンバレス、コンガ、銅鑼、カホン、ディジュリドゥ他)と5種の管楽器、そして、ギターやベース、キーボードやドラム、更にスタイロフォンやテルミンといった電子楽器、床やタライやバケツといった音の出る器、果てはヒューマンビートボクサーすらも内包した、純然たる無国籍無秩序音響派楽団。腹には一物、胸には野望を秘めた連中が、イイ匂いのする仲間を募り、募られた仲間はまた仲間を募り、募り積もって、公園で音を鳴らし始めたところに、端を発す。性別、年齢、職業、国籍、趣味嗜好、及び楽器の経験や所持は問わず、あまりお互いのことを知らないままに、同世代の気のイイ輩が集結。演奏の技術よりも、音を鳴らすことを楽しむことを優先し、メンバーや担当楽器は流動的。

最新記事
最新コメント
タグ
 

日常 音楽 鑑賞 演奏 デザイン tane web PC 画家 哲学 mac ライブ クラブ 映画  映像  漫画 DJ アート  

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
為替レート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。