スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋が来てる

 最近はtaneで2曲くらい作るため、結構な頻度で蒲田へ通っていた。そんなこともあって、最近は、大人になっても音楽ちゃんとやりたいなーと思う気持ちが強くなってきた。あと大人になったら買うものチャートリストの上位にいいスピーカーが食い込んできた。

 その2曲、myspaceにあげて、レイアウトも少し変えました。よかったら見て聴いてください。tane myspace





 2009年08月31にイギリスで行われたReading Festivalでのradioheadのライブが、BBCで放映されていたらしく、その何曲かがyoutubeに上がっている。それを発見した昨夜の僕は、久々にradiohead熱が再発し、本日iso化されたものを手に入れて観た。映像・演奏ともに良いライブであった。そこには含まれていないが新曲もあったらしい。

 見てて思ったんだけど、最近のトムヨークのギターの傾向として、6弦と、2-4弦のうち1つか2つを同時に弾いて、ベースとメロディ同時弾きみたいなフレーズが多い。Go to sleepとかReckonerとかthere thereとか(たぶん他にも)。弾き語りで成立しやすいと思う。弾き語りで成立しやすいのはbendsの曲にも言えるんだけど、あっちはふつうのギターコード5~6和音の上にメロディーが乗っかってて、リフって感じじゃない。ベース音でコード進行作れるし、楽器の裏メロ的な高音とメロディが絡むし、もちろんリズムも生まれる、っていう意味で弾き語りが成立する。


例1)Go to sleep
G5 Bb6 Bb6/A Cadd9 Cadd9/B
4/4 6/8
Gtr I
|-----------3-----|-------------|-------------|
|-----------3-----|-----6-----6-|-----8---8---|
|-----0-----0---0-|---0-0---0-0-|---0-0---0-0-|
|-----0-0-0---0-0-|---0-----0---|---0-------0-|
|-------------0---|-------------|-------------|
|-1s3---3-3-------|-6-----5-----|-8-----7-----|

例2)Reckoner
(2007)In Rainbows

Intro (play once)
C Em
|-------------------|------------------|
|--5---5---5---5---5|-8---8---8---8---8|
|-------------------|------------------|
|-------------------|------------------|
|-3---3---3---3-----|7---7---7---7-----|
|-------------------|------------------|

*pick both
D hold+release
|-------------------|
|--7---7---*7b7r--7.|
|-------------------|
|------------------.|
|-5---5---5---------|
|-------------------|



 だから最近のジョニーとエドは特にストリングス的な音を出したり、打楽器叩いたり、ノイズを出したりっていう役回りが増えてきてる。それによって普通のリズム隊+ギター+ボーカルっていう編成よりもっと奥行きのある曲になるっている。しかもその最近のメロディが民謡とか子守唄っぽい感じに近い気がする。イギリスの民謡なんてしらないけど(笑) そういう最近の曲の傾向が、自分の好みの変遷とも合っていて、そんなリアルタイムで好きなバンドの歴史を終えることはとても幸福なことだ。また日本に来ないかな。
 

 
スポンサーサイト
プロフィール

rt258593

Author:rt258593
2つの場所でギター弾いてます。長野生まれ長野育ち、18歳から上京し、2011年ジャカルタ、インドネシア生活を経て2012年現在東京在中。

tane
tane myspace
ギターとトラックと映像、リアルタイムサンプリングとそのエフェクトとループによる曲構築。

画家
画家web

各国の民族楽器(三味線、ピン、ドゥンドゥン、ジャンベ、ウィンドチャイム、ボンゴ、ティンバレス、コンガ、銅鑼、カホン、ディジュリドゥ他)と5種の管楽器、そして、ギターやベース、キーボードやドラム、更にスタイロフォンやテルミンといった電子楽器、床やタライやバケツといった音の出る器、果てはヒューマンビートボクサーすらも内包した、純然たる無国籍無秩序音響派楽団。腹には一物、胸には野望を秘めた連中が、イイ匂いのする仲間を募り、募られた仲間はまた仲間を募り、募り積もって、公園で音を鳴らし始めたところに、端を発す。性別、年齢、職業、国籍、趣味嗜好、及び楽器の経験や所持は問わず、あまりお互いのことを知らないままに、同世代の気のイイ輩が集結。演奏の技術よりも、音を鳴らすことを楽しむことを優先し、メンバーや担当楽器は流動的。

最新記事
最新コメント
タグ
 

日常 音楽 鑑賞 演奏 デザイン tane web PC 画家 哲学 mac ライブ クラブ 映画  映像  漫画 DJ アート  

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
為替レート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。