スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「BIUTIFUL」について

先ほど香港のホテルにチェックインしました。昨年末から、隔週で一週間単位の香港出張が続いております。一週間単位でホテルで過ごし働く、という生活の中で一番大変なのは、言語の問題でも、たくさんの仕事に追われることでも、早朝便で帰国し睡眠不足になることでも、エコノミーシートの往復でもなく、「くつろげない」事だと思いました。

使い慣れたフライパンで飯を作り、座り慣れた椅子にすわり、使い慣れたカップでコーヒーを飲んだり、弾き慣れたギターを弾いたりすることが、普段どれだけ自分を癒してくれているのか、逆説的に気付かされます。

最近は、だからこそ香港で過ごす時間と日本で過ごす時間は別のものとして、その中でやれること、やりたいこと、できること、のバランスをとって最大化するようにしています。悪くない感じです。

以下、話変わって、昨夜から今朝にかけて観た映画「BIUTIFUL」について。

BiutifulBiutiful
(2011/05/31)
Gustavo Santaolalla

商品詳細を見る


貧困と犯罪。不法滞在外国人。余命告知。親との対面。子との関係。夫婦関係の不和や破綻。双極性障害。裏切り。霊との静かなる対話。特殊能力。生活。家族や隣人への愛。日常に潜む美。突如として訪れる他人の死。刻刻と近づく自分の死。

どれかの頭に「過剰な」とつけてドラマ仕立てにしたとき、我々が辟易する、どこかで見た事のある映像が出来上がってしまうんだろうけど、この映画ではどれもが「過剰」でなく、シンプルにして「すぐそこに在る」感じを放っていた。そのどれもがこっちを見てるような緊張感。見ていて疲れる程の。余命宣告された時、恐らく自分も身の回りの全てがこれだけの存在感と緊張感を放ってくるのだろう。たまらなくリアルだった。

傍からみたら違法滞在者からピンハネしていたり、霊能者インチキまがいで小銭を稼いだり、嫁との復縁と別離を繰り返したり、幸の薄い人生を送る男かもしれない。しかし、その男の人生と最期。心情を表にださないが、滲み出てしまう、全ての重みと感情。自身の中に正義や理論がありそれに基づいて生きる。この点が、今のところ僕の中でオールタイム映画ランキングベストであるThere will be bloodにも共通していた。自分の中でこの「BIUTIFUL」も、間違いなくベスト級に食い込んだ。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [DVD]ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [DVD]
(2012/02/08)
ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ 他

商品詳細を見る


余命宣告を受けても取り乱さないず、誰にも悟らせず、自ら信ずる、すべき事かつできる事を行おうとする。しかしそんな彼も唯一、師の前でだけ嗚咽を漏らす。人生ってエモいぜ。。。

死ぬ時は俺もこんな風に死のー。

スポンサーサイト

三分間

 あんま書いてなかったけど、このブログもっと気楽に書こうかなーと思いました。なんとなく。

 東京事変が新曲だすらしく、そのPVがyoutubeに上がってたのをさっき見ました。曲もPVも今までの東京事変で一番いいんじゃないかなー。



 すぐ消されちゃうかも。映像、かっこいい。こういう暗いってか、ガッツリはライト当ててないっぽいのに、表情とか質感とかわかる感じの映像って好みで、映画とかでもそういう映像単純に好きなので、このPVはいいなーと。きっと奥が深いんでしょうね、そういう照明技術とかも。あと、ちゃんと計算して撮ったんだろーなとも思いました。椎名林檎+各パートでそれぞれ違う場所で、かつアングルとかずれないように撮ってるし。後ろの各パートの写りこみ方まで、違う場所でも同じように映るになるようにしてある!そういう辻褄合わせというかがしっかりしてる作品が、結構自分の好みかもしれません。映像に限らず、音楽とか、何かのストーリーとかも。もしかしたら各場面のそれぞれの時間がしっかり均等に36秒になってて、そんで合計が三分になってたりするのかなー。そのくらいの気合入れてそうな気もします。誰か確認したら教えてください(笑)

 曲は、タイトルにわざわざ「三分間」て入れてるあたり、「ポップスとしての役割を私は立派に果たします!」みたいな椎名林檎的アピールが出てる。けど最近は昔みたく押しつけがましくなくて、それこそ「ポップ」で素敵だと思います。東京事変=椎名林檎って人にとっても、バンドとして認識している人にも気に入る曲ってとこを狙ってて、それがイイ感じのバランスで成功してると思いました。僕はどっちかっていうと後者で、バンドのアレンジもコーラスの主張もかっこいいと思いました。まえより結構東京事変が好きになりました。

 PVの監督は児玉裕一さんって人で、色々な人のPV撮ってる人みたいです。この前、これまたyoutubeで見て「あ、これ好きだわ」って思った別の椎名林檎の曲もその人でした。消えてそうなんでyoutube以外であげときます。


 

画家と茶の味

 前々からそうしようと思ったんですが、mixiからブログにしてみました。よろしくお願いいたします。書く内容はほとんど以前のmixi日記と変わらんと思うけども、こっちの方がいちいちマイミクの人のトップに押し付けがましく表示されないから、割とテキトーに書ける気がしてます。コメントなくなるのは結構さみしいけどさ。日常・好きな音楽や好きな人たちとかを紹介してこうかと思っております。

 

 昨日の夜は画家オールナイトセッション in 雨の渋谷のNOAH2号店。

 ギターをアンプで鳴らしたのもセッションしたのも11月の文化祭以来くらい。メンバーのほとんどがいたし、何か曲の元みたいなんが10コ位できたし、なかなか充実した徹夜だった。独創的なアイデアが出まくる人たちがいるから面白い。ただ、ジャズマスターのジャックの部分が現在故障中なので、前使ってたレスポールでJCでやったんんだけど全然いい音出せなかったな。やっぱfenderのアンプでのジャズマスの音が好きだ。まだ1年たってないけど。早く治そう。



 そして今日から週末。真昼間寝て、spangle call lili lineのライブ当日券買って見にいこうかと思ってたが、気分的に久しぶりに映画を見た。

 
茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD]茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD]
(2005/02/25)
坂野真弥佐藤貴広

商品詳細を見る


 すげぇ予想以上に良い映画だった。こういうタイプの映画でいいと思ったのははじめてかも。
 
 田舎に暮らす一家を中心に話が進んでくんだけど、様々な登場人物を、少し突き放した視点からコミカルに、淡々としたテンポと長めのカット割で同時進行的に映して行って、最後には絶妙に絡んでいく感じ。
 
 静かで綺麗な風景とかの中で遠めに映す人の描写とか、言葉少なめでたっぷり間を取った会話とか、うわぁーあるわーそういうのーっていう演技とか、最高だった。かなりグルービーでした。多分世の中の日常には

蕎麦屋のカップルの会話とか
誰も聞いてない教頭先生の講和とか
半分ボケたお爺ちゃんの奇天烈な歌とか
昔おじちゃんに取り付いてたヤクザの幽霊とか
箒を振り回すジャージの教師とか
昔フラれた彼女の結婚式には行かなかったこととか
校庭でバイク乗り回す先輩とか
河原でバッティング練習してる人とか
立ち入り禁止の森に何故か一個だけある鉄棒とか
知らずに似てしまっている家族のお茶を飲むときの格好とか
返事をするまでにかかる絶妙な思考時間とか

 意味わかんないもの、大して意味無いもの、無駄なとか、理不尽なものばっかりで、でもそこに何かしらの愛を感じてしまう。「Everything in its right place 」だし「つま先で歩く猫に何かしら愛を感じ」てしまうのが人間。しかもそれを仰々しくじゃなくサラっと笑わせるユーモアで描く。

 「なんで?」と繰り返し言葉少なに尋ねるサチコに「うーんそれはお母さんの世界だからさっちゃんにはわからないのかもしれないね。あたしもよくわかんないし。」とお母さんが言ったシーンが印象的だった。でもその言葉には投げやりさや悲観的な諦めは無くって、お母さんがサチコのことを大好きだっていうのが伝わってくる言い方。

 また時間を置いて何度も見ようと思った映画でした。

 昼間寝まくったから今夜は長いし明日もなんも予定無いぜ。最高。


プロフィール

rt258593

Author:rt258593
2つの場所でギター弾いてます。長野生まれ長野育ち、18歳から上京し、2011年ジャカルタ、インドネシア生活を経て2012年現在東京在中。

tane
tane myspace
ギターとトラックと映像、リアルタイムサンプリングとそのエフェクトとループによる曲構築。

画家
画家web

各国の民族楽器(三味線、ピン、ドゥンドゥン、ジャンベ、ウィンドチャイム、ボンゴ、ティンバレス、コンガ、銅鑼、カホン、ディジュリドゥ他)と5種の管楽器、そして、ギターやベース、キーボードやドラム、更にスタイロフォンやテルミンといった電子楽器、床やタライやバケツといった音の出る器、果てはヒューマンビートボクサーすらも内包した、純然たる無国籍無秩序音響派楽団。腹には一物、胸には野望を秘めた連中が、イイ匂いのする仲間を募り、募られた仲間はまた仲間を募り、募り積もって、公園で音を鳴らし始めたところに、端を発す。性別、年齢、職業、国籍、趣味嗜好、及び楽器の経験や所持は問わず、あまりお互いのことを知らないままに、同世代の気のイイ輩が集結。演奏の技術よりも、音を鳴らすことを楽しむことを優先し、メンバーや担当楽器は流動的。

最新記事
最新コメント
タグ
 

日常 音楽 鑑賞 演奏 デザイン tane web PC 画家 哲学 mac ライブ クラブ 映画  映像  漫画 DJ アート  

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
為替レート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。