スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高密度の球体

 素晴らしい体験をすることができたので、薄れる前に記しておこうと思います。

 タイトルの通りのライブに行った、eksperimentojという好きな日本のバンドのライブ。radioheadのIn rainbowsツアーの東京国際フォーラムでのライブの時と同じくらい「凄いもの見た」という感じ。

 
eksperimentojeksperimentoj
(2007/01/24)
eksperimentoj

商品詳細を見る


  itunes music store link

 ご存じない方の為に簡単に説明すると、日本人のスリーピースバンド。ギタボ・ギター・ドラム。ベースなし。現在アルバムは上にあげた一枚。去年か一昨年あたり、ドラムの方が脱退してしまい、しばらくライブ等も行っていなかった。去年の5月頭にサポートドラムでネストでライブ。それ以来一年弱ぶりに見に行けた。

 前回見たときは正直演奏はドラムとの相性などもあったのだと思うが、合っていなくてやりづらそうだった。バンドが合っていないと自然とギターの音(音色的な面・リズム的な面どちらも)も良く聴こえないものだと思うし、当然ボーカルも歌いづらいだろうと思う。

 今回は別のドラマーの方だったのだが、素晴らしかった。全体の中でのバランスも考えられてすごく丁寧なドラムで、このバンドに相応しいと思った。彼らは、それぞれの畳一畳ほどあるエフェクターはもちろん、2人のギタリストで計4台のアンプはもちろん、ドラムセットも持ち込みらしい。それをステージに組む様はさながら城。そしてドラムチューニングは必ず決まっているらしくて、スネアの音も丸い。轟音の中でかろうじて埋もれないくらいのバランス。ものすごい音に拘ってるなーと思う。そのバランスや音作りが今回のライブでは絶妙に発揮されていたと思う。

 シューゲイザーって呼ばれるバンドはいっぱいあるけど、自分の好み的には「飽きるな」と感じることが多い。曲の構造が単純なことが多いのと、やはりここまで音に拘ってない人がほとんどなんじゃなかろうか。今日やっていたbroken infinityという曲の轟音の部分なんて、心地よすぎて若干気が遠くなったような気すらしてしまった。決して耳のリミットを超えない。決して不快な感じの角の立った音を出さない。そして密度が高い。さらに構築美。メロディと声。ギターを持った時の立ち姿。こんなバンドが日本にいて生で見れることがラッキーだな。

 アルバム未収録の曲も2曲演っていた。イントロダクション的な曲と、曲中で大きく展開する曲。特に前者は素晴らしかった。新譜に期待。何年でも待てる。

 
スポンサーサイト

曇天にも飽きてきた

 mac移行に関して今日やったこと


  • itunesとiphone移行
  • google日本語入力導入とユーザ辞書移行
  • skypeなどwin環境でも使ってたソフトインストール
  • quicktimeにいろんなDecoder投入
  • FlashPlayer10.1(β)導入→HD動画サクサク
  • ショートカットキー習得


 やっぱりことえりには慣れないし慣れ親しんだ入力形式にしたらスムーズになった。こんな時間になっちゃった。





 ここで脈略なく告知告知告知告知告知告知告知告知告知告知告知告知告知告知ィィィィイイイイイッッ!!!!!!


topgraphic.jpg


 taneという名前で二人組で音楽作ったりしてるのですが、今週の日曜日に、原宿のcafe sunshine studioて所でやるイベントにtaneで出ます。前はライブ演奏したんですが、今回は趣を変えまして、taneの2人でDJします。オールでないし入りやすいカフェなんで、興味のある方はどうぞ御気軽にご連絡ください。


 ************************************************************

web site (ちょっと頑張って作ったのでイベント興味なくても見てください・笑)

@Sunshine Studio Cafe原宿
2010.02.20(Sat)
open 17:00 close 24:00 ticket\1500

Guest DJ
goto
DJ NARA

DJ
ともや
KNK the Green Goblin
ミヤザワ

Live
tane

Brand New "Zine"
produced by Junko

And
Yuta Sugihara
山田萌

 ************************************************************

 ではでは。
 

THE BEATLES



 昨日の夜NHKにてビートルズのドキュメンタリーをやっていて見ていたら改めてビートルズ素晴らしいと思い、今夜帰宅してからyoutube廻ったり、Wikipediaの関連項目を読みまくったり改めてRevolver聞いていたりしていたらこんな時間になってしまった。

 ちなみに今日読んだWikipediaの関連項目(多すぎて今夜だけでは読み切れない)の中で最も好きだった記事はコレ。知らなかった事実がたくさんあり、久々に心が躍る時間を過ごした。

  

 さて、本日は代官山Loopで画家ライブです。先日のUNITライブの映像がYOUTUBEにあがってました。初めてちゃんとしたカメラで撮ってちゃんと編集したようです。

 

 さて、今日から私の本格的な夏休みです。
 
プロフィール

rt258593

Author:rt258593
2つの場所でギター弾いてます。長野生まれ長野育ち、18歳から上京し、2011年ジャカルタ、インドネシア生活を経て2012年現在東京在中。

tane
tane myspace
ギターとトラックと映像、リアルタイムサンプリングとそのエフェクトとループによる曲構築。

画家
画家web

各国の民族楽器(三味線、ピン、ドゥンドゥン、ジャンベ、ウィンドチャイム、ボンゴ、ティンバレス、コンガ、銅鑼、カホン、ディジュリドゥ他)と5種の管楽器、そして、ギターやベース、キーボードやドラム、更にスタイロフォンやテルミンといった電子楽器、床やタライやバケツといった音の出る器、果てはヒューマンビートボクサーすらも内包した、純然たる無国籍無秩序音響派楽団。腹には一物、胸には野望を秘めた連中が、イイ匂いのする仲間を募り、募られた仲間はまた仲間を募り、募り積もって、公園で音を鳴らし始めたところに、端を発す。性別、年齢、職業、国籍、趣味嗜好、及び楽器の経験や所持は問わず、あまりお互いのことを知らないままに、同世代の気のイイ輩が集結。演奏の技術よりも、音を鳴らすことを楽しむことを優先し、メンバーや担当楽器は流動的。

最新記事
最新コメント
タグ
 

日常 音楽 鑑賞 演奏 デザイン tane web PC 画家 哲学 mac ライブ クラブ 映画  映像  漫画 DJ アート  

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
為替レート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。